控除制度への理解度

税務署相続税を納める場合には、しっかりと控除制度を利用し適用した金額を申告する必要があります。控除制度は、素人の方でも計算しやすい基礎控除だけではなく、広大地や小規模住宅等の特例、配偶者の税額軽減などいろいろな控除制度があります。納める相続税を少なくする事ができるのが控除制度なのですが、相続する内容によっては、かなり大きな金額が動く事になりますので、それぞれの控除制度には、とても厳しい基準が設けられています。もちろん素人の方でも申請自体をする事はできますが、かなりハードルは高くなっていますのでおすすめできません。

相続税の申告は、多く申告した場合には、期限内に再度申告すれば誤差は返却されますが、仮に少なく申告してしまった場合には、後日、追加で税金を納めなければいけなくなります。追徴ペナルティーは額が大きければ大きい程に負担も大きくなってしまいますので、そういった事に不安があるような大半の人は、間違いのない税理士さんに依頼するのをおすすめします。

特に相続する金額が大きければ大きい程に負担する額は大きくなってきますので、かなりの額を相続するようになった場合には、適切な専門家に依頼するようにするのがポイントになります。


<関連記事>

Pocket

Published by