相続税の計算

相続税の申告を税理士に依頼するメリットはたくさんありますが、最も大きいのは相続する財産を適切な評価で受け取る事ができるという事です。実は相続する事になった土地や建物などは一般的に不動産に売却する金額とは違い、相続税法上の価格で計算されます。この相続税法上の価格というのがくせ者で、素人に正しく計算するのが困難になっているのです。

不動産一般的に相続する対象に土地や不動産などが含まれる場合には、固定資産税評価額や路線価など特別な値を用いて、客観的にその土地の評価額を算出する事になります。固定資産税評価額と路線価を使って導き出された評価額を求めるのは素人には難しくなっているのですが、相続の時に発生する相続税は、この評価額を基本にして求める事になりますので、素人の方だけですと、この最初の段階でつまずいてしまう可能性が高くなっているのです。

また、相続税が非常に厄介になってくるのが、相続する不動産には不動産だけにしか反映されない減額要素などがあります。この減額要素をしっかりと反映させてから相続税を計算できなければ、減額要素を反映できませんので、相場よりも多くの相続税を納める事になってしまいます。かなりまとまった金額になりますので素人考えで行うのは非常に危険なのです。


<関連記事>

Pocket

Published by