税理士に依頼する理由

家相続税の相談としては税理士以外にも弁護士や行政書士、司法書士、ファイナンシャルプランナーなどいろいろな専門家に依頼する事もできます。税理士に依頼しないケースといえば、相続税が全くかからないために単に土地の名義変更をしたいような場合です。そういった場合は司法書士がおすすめですし、相続する際に他の兄弟ともめてしまっているような場合には、弁護士などに依頼するケースが多いです。

税理士は税のプロフェッショナルである事は間違いありませんが、税金が絡んでこない部分で問題が起きているような場合には、そのトラブルに強い専門家に依頼するのがおすすめになります。また同様に最近増えて来ている遺言書の作成に関しては税理士は全く畑違いになってしまいますので、弁護士や司法書士、行政書士などに依頼するのがベストです。その代わり、生前の相続税対策などは税理士が最も頼りになる存在になっています。

他にも相続税の放棄に関しては弁護士が一番頼りになりますし、遺産分割協議書作成は弁護士や司法書士、行政書士が専門になります。このように単に相続といっても必要な知識や手続きが全く異なっていますので、その時々で必要となる専門家が異なっていますので注意が必要です。


<関連記事>

Pocket

Published by